湯の丸高原のコマクサ


オヤジの山登り記
南アルプスの女王 仙丈ヶ岳
八ヶ岳の主峰 赤岳
八ヶ岳 硫黄岳と横岳
北八ヶ岳の主峰 天狗岳
白駒池からニュウに登る
お手軽登山の北横岳・縞枯山
雲上の孤高 蓼科山
最盛期のレンゲツツジと湯の丸山
四阿山 (日本百名山) に登る
冬の根子岳山頂
上田市民の山 太郎山
八ヶ岳 本沢温泉

2006年版 たのしい農作業日記

中国武侠小説を読む
中国武侠小説の精華・金庸の世界
中国武侠小説三人の大家
金庸 梁羽生 古龍

梁羽生 『白髪魔女伝』と天山系列
梁羽生 『冰魄寒光剣』

私の Linux 入門記
Vine Linux 2.6 のインストール
CATVでインターネットに接続
無線LANの設定 Corega PCCL-11
Java のインストール
apt で KDE3.0 のインストール
EPSON PM 2200C で印刷
Abiword GIMP ElectricEyes
OpenOffice.org のオフィスツール
Vine Linux 3.0 インストール記
Vine Linux 4.0-4.2 がリリース
Vine Linux 5.0 インストールメモ

Live CD Linux
Puppy Linux 日本語版
Slax 使用雑感

Linux サーバー の設定
ネットワーク LAN の構築
DNS サーバーの構築
WEB サーバー (Apache) の構築
ダイナミックDNSでWEBを公開
メールサーバー (Postfix) の構築

E-mail


 

    Nakamura のホームページにようこそ!

    オヤジの
      
    

 
日本では、なじみが薄いかも知れませんが、中国武侠小説はじつにおもしろい。この世界に足を踏み入れると、まさに泥沼にはまり込むように、なかなか抜け出せません。とくに金庸は、中華世界に圧倒的なファンがいるそうで、全作品を読み切るまでは放してもらえません。
日本の時代小説とは、いくらか趣のかわった中国武侠小説を紹介してみました。  

  
このブログでは、中国・広東旅遊出版社から刊行されている『梁羽生小説全集』に収録されている梁羽生の武侠小説34編について、その読後感を掲載しています。

  

 五十の手習いで始めた Linux (リナックス)です。呼び名の心地よい響きとは裏腹に、毎日苦闘の連続でした。そんなわたしの苦闘の記録ですが、これらか始める人にとってすこしでも役立てばと、公開しました。内容は、かなり古くなっているものもありますが、備忘録的に載せておきました。

  
               
ハードディスクにインストールしなくても、CDから起動する Live CD Linux を使ってみました。思っていたより、はるかに優れものです。 扱いも簡単ですし、すこし古いパソコンもこれを使えば立派に蘇ります。使用雑感を掲載しました。